ワールドアルコールリポート 

シンガポール在住の酔っ払いのブログです。

シンガポールのモルトバー① The Swan Song

f:id:porcelainheart0000:20180413012054j:plain

シンガポールのモルトバー、The Swan Songに行ってきました。

こちらのバー、ウイスキー好きのシンガポリアン二人が趣味で始めたお店で、お昼の仕事があるため営業は木~日までの4日間。でも友達が来たときはそれ以外の日も開けてくれます。

飲んだ順に簡単にレビューしていきます。

f:id:porcelainheart0000:20180413012111j:plain

Isle of Jura 8年 1970年代流通

ジュラ8年 1970年代流通品 40%

Nose

最初林檎系かなと思っていたら、時間経過とともにどんどんトロピカルフルーツ。70年代らしい、柔らかいモルト感。コンディションが良く、ひねた感じは無い。

Palate

コクがある、素朴でモルティな甘味。加水の40℃にして、うま味が十分ありストレートで飲んでも満足感あり。8年とは思えない熟成感。

Rateing

 Very Good 現行品にはないトロピカルなフレーバー。

 

f:id:porcelainheart0000:20180413012124j:plain

lOCHSIDE 1991-2003 Connoisseurs Choice

ロッホサイド 1991‐2003 コニサーズチョイス 43%

Nose

 蜂蜜、ハーブ、青々とした牧草、洋梨。

Palate

 蜂蜜の甘さから始まるが、余韻はドライで若干の苦み。

Rateing

 Good 1992年閉鎖の同蒸留所。1991ヴィンテージは評判が良いそうです。

 

f:id:porcelainheart0000:20180413012135j:plain

Bunnahabhain 1987-2014 The Whisky Agency

ブナハーブン 1987‐2014 ウイスキーエージェンシー バーボンホグスヘッド 49.1%

Nose

 超フルーティ、握りつぶしたりんご、バター、玄米茶に入っている焙煎したお米。

Palate

 トフィー、フレッシュで甘酸っぱいプラム、リンゴジュース、蜂蜜。

Rateing

Very Good  

芳醇な香りとジューシーなテイスト。オールドのブナハーブンに特徴的なあふれんばかりのりんご。

 

f:id:porcelainheart0000:20180413012149j:plain

The Scotch Malt Society 66.46 Ardmore

スコッチモルトソサエティ 66.46 アードモア リフィルシェリー 56.7%

Nose

 チョコレート、ハーバルティ、甘いスモークジャーキー、鞣革。

Palate

 黒糖の甘味、ビターなコーヒー。

Rateing

Interesting  ねっとりとした漢方系の面白い味。

 

f:id:porcelainheart0000:20180413012040j:plain

Linkwood 1989-2017 Cadenhead's

リンクウッド 1989‐2017 ケイデンヘッド リフィルシェリー 43.7%

Nose

 香ばしいトースト、リンクウッドらしい青りんご。

Palate

 味わいも見た目に反してフレッシュなフルーティさ、心地よいタンニン、アップルティ。

Rating

Very Good  The Swan Songのプライベートボトル

 

 

 

もともと半分趣味のお店ということもあり、とてもリーズナブル。内装も簡素ですが、その分安くというコンセプトがはっきりした良いBarです。特に酒税の高いシンガポールにおいて、かなり良心的な価格設定です。

ボトル本数も多く、また興味深いものばかり。特にバーテンダー2人がロッホサイドマニアとレダイグマニアなため、それらは特に本数が多く、やたら薦めてきます。レダイグは多いのにトバモリーが少ないところもおもしろいですね。

とってもフレンドリーで楽しいBar、シンガポールへお越しの際はぜひバーホッピングの候補に入れていただきたいです。