ワールドアルコールリポート 

シンガポール在住の酔っ払いのブログです。

バランタイン 30年 カスクエディション

Ballantine's 30 Years Cask Edition

加水なしのバランタイン、カスクストレングス、30年。

ボトル/バッチ No. 01/Ba0 0007

開栓直後。

 

Nose

桃、小麦のような粉っぽさ、バニラ、バター、蜂蜜、花の蜜、ピートは・・・あまり強くないものの控えめなハイランドパークのようなニュアンスで存在する。

カスクストレングスですがあえて加水するとオイリーで洋梨のようなエステリーさが全面に押し出され、より華やかなに。イグサのような青臭いイメージも。

Taste

はっきりと桃、洋梨、青りんご、フルーツキャンディ。バターたっぷりのフィナンシェ、オイリーなナッツ。長熟のシェリーカスクのような黒糖、みたらし感もある。余韻にコクのある紅茶。

リッチで複雑、エレガント。

Rating 

Very Good

Ballantine's 30 years and its Key Malt Series

珍しいバランタインのカスクストレングスタイプで、発売は2017年。思えば人気のキーモルトシリーズも含めてなかなか興味深いシリーズがリリースされた年でした。

 

個人的なバランタイン歴についてはウイスキーを好きになり始めた頃にファイネストを1本開けた以外では、17年と21年を少し飲んだぐらいで、要はあんまり良く分かっていません。

と、過去の記録を振り返っていたら、80年代流通の12年を飲んでいました。

f:id:porcelainheart0000:20180708002723j:plain

当時のメモによれば複雑で有機的な香味、コクのあるフルーティーな味わい、青りんご、とあります。うーん、あんまり覚えていないぞ。

 

ということで、今回は件のキーモルトシリーズと共にじっくりとテイスティングをして、その味わいをしっかりと脳に刻み込むことにしました。

まずはおさらいです。

001グレンバーギ15年 

リンゴ、蜂蜜、ナッツ、わずかにシェリー由来のサルファリーさがある。

003グレントファース15年 

モモ、ラズベリー、グラッシー。

002ミルトンダフ15年(18年)

は、こちらの記事をご参照ください。

www.whiskyuki.com

 

もちろんバランタインには上記3種意外にも多種多様な原酒が使われているのでそう単純ではないでしょうが、シンプルに考えるとバーギとトファースからフルーティさやグラッシーさを、ミルトンダフからクリーミーさをや粉っぽさ得ている印象を受けます。

厚みのあるクリーミーさ、フィナンシェのようなバター甘い感じはブレンデッドならではのグレーンが貢献している感じもします。

また比較して良く分かったことは、この30年ピートは決して強くないのですが、001~003の後に飲むとはっきりとそれを感じることができます。逆に言うとバーギからトファースには全くありません。

ただしアイラのようなパワフルなスモーキーさではなくて、個人的にはハイランドパークのような控えめなものに感じます。

やはりここは通常のバランタイン30年と飲み比べてみたいところ、今度バーで見つけたら試してみたいと思います。