ワールドアルコールリポート 

シンガポール在住の酔っ払いのブログです。

ブルックラディ ベアバーレイ2008 / オーガニック 2009

Bruichladdich Bare Barley 2008 / The Organic 2009

Bare BarleyとThe Organicを飲み比べてみました。

場所:The Single Cask/シンガポール

 

ブルックラディ(ブルイックラディ) ジ・オーガニック 2009 Bruichladdich 

Bruichladdich The Organic 2009

蒸留2009‐2017ボトリング 8年熟成 50% ノンチル・ノンカラー

アメリカンオークのバーボン樽、テネシーウイスキー樽

除草剤、農薬、化学肥料を使用しない有機大麦を使用。

限定18,000本

Nose

香ばしい麦、麦飴のような甘さ、バニラ、レモン。

Taste

豊かな麦の風味とコクがあり、高カカオのチョコレートの甘さと苦さ、ナッツ。

Rating

Good

 

ブルックラディ(ブルイックラディ) ベア・バーレイ 2008 Bruichladdich 

Bruichladdich Bare Barley 2008

蒸留2008‐2017ボトリング 9年熟成 50% ノンチル・ノンカラー

アメリカンオークのバーボン樽、テネシーウイスキー樽

古代種の大麦、ベアバーレイを使用。

限定18,000本

Nose

オーガニックよりも更に深くどっしりとした濃い麦の香り、グラッシー、マシュマロ、チョコレート、青りんご、花の蜜。

Taste

強い麦飴の甘味、クリーミー、オイリーなナッツ、青りんご。旨味が強い。

Rating

Good~Very Good

Bruichladdich

 

ベアバーレイが秀逸です。

まずオーガニックから始め、コクのあるどっしりとした味わいでなかなか良いなと思っていたところ、ベアバーレイがそれを上回るフルボディな味わいで、全体的に一回り強化した印象。とにかく旨味が強くて美味しい。決して長くない熟成期間で樽感はあまりないのですが、原酒の味をダイレクトに感じることが出来ます。

またこのアルコール50%が丁度良い。これぐらいの度数が強すぎず、かつメリハリのある味わいで満足感があって、ストレートで飲むには最適かもしれません。

そういえば以前飲んだOMCも、ロンバードのジュエルシリーズも50%でしたね。やはり偉い人は分かっているんですね。

 

www.whiskyuki.com

 

Bruichladdich The Single Cask 2009-2017

こちらのプライベートボトルが似たスペックだったので、折角なので試してみました。

先の2ボトルにくらべるとドライであっさりしています。方向的にはオーガニックスコティッシュバーレイと似ていてます。よりグラッシーでオイリー、火をつける前の葉巻のような香り、決して悪くないのですが、飲む順番が違いました。

 

Bruichladdich Organic Scottish Barley

ちなみにこちらもオーガニック。ブルックラディはこういったテロワールを意識したリリースに力を入れていて、面白いですね。

 

さてさてこの2本、長期熟成のものとはまた違った魅力があり、ウイスキーが麦からできていることを強く感じるさせる良いボトルです。限定とは言え18,000本もあるので、入手はそこまで難しくないと思われます。個人的にはベアバーレイ2008がお勧めなので、見かけたら是非試してみてください。