ワールドアルコールリポート 

シンガポール在住の酔っ払いのブログです。

キルブライド 1989-2017 28年 HNWS

Kirbride 1989-2017 HNWS

蒸留:1989年

瓶詰:2017年 28年熟成 51.1% 総ボトリング168本

Nose

しっかりと、それでいて優しいピートスモーク、潮風、ドライレーズン、プラム。

Taste

濃厚な魚介系旨味、葉巻と程よいタンニン、熟成感のあるドライフルーツ、プラム。

Rating

Very Good

強すぎ、弱すぎず、シェリーとピートの絶妙なバランスが秀逸。相応の熟成感があり、飲みごたえ抜群で、アルコールの刺激も全く感じられない。

 

麦村 The Malt

場所は台湾/麦村、そこにバーテンダーやカウンターは無く、自分でボトルを選び、レジでただ注いでもらういたってシンプルなスタイル。故に価格もリーズナブル。

 

www.whiskyuki.com

今回いただいたのはキルブライド。キルブライドとはラフロイグの仕込み水に使われる湖の名前。ということでこれがボウモアやアードベッグであるはずはありません。

見慣れないボトルですが、こちらは台湾でスピリッツやワインのインポーターをしているHome Need Wine & Spirits社(鋐釀酒坊)のプライベートシリーズである、飛禽羽獣系列の第5弾になります。

はい、私も初めて知りました。

このシリーズ英語だとFlight and Feathers Seriesとなるらしいのですが、中国語表記の方が断然かっこいいですね。これまでのリリーズはカバランやスペイサイドリージョン、ブルックラディ等の比較的新しい蒸留年の物でしたが、ここにきてラフロイグの1989という何だか日本のモルトバーが同じようなスペックのボトルだしていたような気もしますが、素晴らしいボトルを出してくるあたり台湾のウイスキー市場の充実ぶりを感じます。

この日は他に2杯飲みました。以下超簡単にコメントします。

ロングモーン1989-2011

Longmorn 1989-2011

青りんご、スモモ、とってもフルーティ。それからバニラ。

 

ブナハーブン1980-2014

bunnahabhain 1980-2014

炒った玄米、りんご、バター、ちょっとミント。

 

品揃えは80年代後半から90年代が中心ですが、手ごろなお値段で、ご当地ボトルもそろっている、台北でおすすめできるモルトバーのひとつです。