ワールドアルコールリポート 

シンガポール在住の酔っ払いのブログです。

駒ヶ岳 2014 ヘヴィリーピーテッド

f:id:porcelainheart0000:20190529000101j:plain

Komagatake 2014 Heavily Peated

アメリカンホワイトワーク#1855 259/578 アジア地区の空港免税店向け。

59.8% 開栓から1年程度

 

Nose

バニラ、洋ナシ、蜂蜜に香ばしいピスタチオ。癖のない素直な樽香に隠れてスモーキーなフレーバーが立ち昇る。徐々にフルーティさが強まり柑橘系のジャムが強く主張する。

Palate

度数なりのアルコールの刺激から、モルティな甘み、バニラ、ピスタチオ、余韻に樽の焦げたような苦みが残る。

Rating

Good~Very Good

 

本坊酒造のマルス信州蒸留所で作られるシングルモルトウイスキー駒ヶ岳、そのピーテッドボトルです。使用されたモルトはヘヴィーピートでフェノール値は50PPMとのことですが、それほど癖はなく素直なスモーキーさで薬品ぽいヨードさは感じません。しっかりとついた樽感がピートをマスクしている印象で、慣れていない人にも親しみやすいのではないかと思います。

ぱっと飲んでみると10年ぐらいのカリラかなといったところですが、実際は2014年の蒸留に対してリリースが2017年なので、熟成は長く見積もっても3年程度。相当若いウイスキーなんですが存外ニューポッティ感はありません。むしろこの熟成の短さにしては強めの樽感があり、驚くほどリッチなフルーティさがありますが一方で若干のえぐみも感じます。最初は度数なりにアルコールの刺激が強く香味が拾い難いのですが、少量加水するとかなりフルーティさが強調されて美味しくいただけます。

このボトルはファーストフィルなんでしょうが、きっとこの後に詰められた原酒はもっと長く熟成されるのでしょうね。